気ままに思ったことを書いてみる。 凹み系の文章w
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
equal
20050112203132.jpg


「equal」ACIDMAN

01. 0=ALL
02. FREAK OUT
03. 降る秋
04. イコール
05. 水写
06. 彩 -SAI- (前編)
07. 彩 -SAI- (後編)
08. 暁を残して
09. colors of the wind
10. migration 10~64
11. cps
12. 廻る、巡る、その核へ

CDでよくあることだが
「このCDはずれだな。」
と思ってしばらくしてから聞いてみると
「なんで聞かなかったんだ?いいじゃん。」
って思うことが私は多々ある。
このアルバムもそんな中の一枚だった。
最初聞いたときは、はずれたと思ってガッカリした。
今では学校に行くときなんかはこれを聞いている。
やっぱ、音楽って聴くときの自分の精神状態なんかで
良し悪しが変わってくるもんですね。

やっぱアーティストはスタジオ録音が似合う人とライブが似合う人がいるように思う。
ACIDMANは間違いなく後者であるように感じる。
ライブは行った事はないのだが、TVで中継なんかを見てると
かなり魅力を感じる。


migration 10~64

いつかの 星で見つけた共鳴音 何千と存在
宇宙を流れ 繁栄を求めて 何回目だろう?

何十億の可能性と 無重量の不可思議を
漂って 思い出す あの海に生まれて

生命の星で 生まれて泳いで ダンスのようだった
何処からきた?

此処で咲くという ただそれだけは 正しい事だろう。

migration  migration  migration
忘れて漂う 細胞の内部へと

何億光年 続くだろう 無情の日を 手に添えて
帰ろうと 呼ぶ声は 穏やかな 海の様

何十億の可能性と 無重量の不可思議を
迷って 泳いで 青く浮かぶ地へ
何億光年 続くだろう


不思議な魅力のある歌です。
アルバム全体から宇宙、生命、集団みたいなテーマを感じます。

此処で咲くというただそれだけは正しい事だろう

自分もこうして漂う渡り鳥の群れの一匹なんだなあって感じさせてくれます。
それでここに宿っている可能性の雄大さも。
宇宙から地球みれたら世界感変わるんだろうな・・。

よかったら試聴してみてくだい。

>http://www.toshiba-emi.co.jp/acidman/equal/index_j.htm
20050110183032.png
スポンサーサイト
20050112222135.jpg

凛 / GOING UNDER GROUND

友達を誘って今夜ツギハギの黒い車で
鮮やかな夜明けを知る
おおげさに広げた地図をあっけなくたたんだ後に
8月の側で笑う

くずれそうで しがみついて
その手に未来が宿り
ここに君もいればいいなぁ

かすかな想い出だけ

雨に抱かれて僕等は祈るよ
秘密を分ける そんな気にもなる

その10メートル先を抱きしめたいだけ
その10メートル先を...


またgoingです。この歌はかよわきエナジーに収録されてます。
キーボードのイントロで始まって、
はっとさせられる感じで曲に突入してきます。←ボキャが少ないんでうまくいえないなあ・・。
基本的に歌詞に共感を覚える曲が好きなんですが
まさにぴったりで、この曲聴くと地元の友人達を思い出します。
こんなことみんな考えていたなあって・・。

なんかバンプの「同じドアをくぐれたら」という曲と
テーマが同じで、バンプよりもストレートに表現されていると思います。
バンプが純情な皮肉屋で、goingが純情な泣き虫って感じかも。(ぇ
まあ、どっちとも好きなんですがw

おおげさに広がる未来じゃなくてただ10メートル先を抱きしめたいだけ
本当にそうだなあって。この曲聴くと今日も一日がんばるぞぃって気持ちが湧いてきます。
是非試聴をしてみてください。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A015814/VICL-35265.html
20050110183032.png
青空コウモリ
今日は音楽です。
GOING UNDER GROUNDのサンキューという
シングルのカップリングで青空コウモリについて。
なんでカップリングっていうとシングルA面ならみんな聞いてるしね。
カップリングにも手抜きが感じられないアーティストが好きだからだったり。
20050110172817.jpg

>http://www.aquamusic.co.jp/going/index.htm

このバンド、ライブにいったりするほど好きなわけですが、
HPで「センチメンタリズム」という言葉がかなり登場するとおり、
メロディ、歌詞ともに切ない感じでいいですね。
一部歌詞を紹介します。

「季節はずれの天気予想図 旅の始まりたたいていく雨粒
止まない雨に君が泣き出した 口を開けばこぼれ出す弱音

立ち止まるたびに増えてく願い事
それぞれいつかの思い出になると、僕らほんとは気付いてる」


立ち止まるたびに増えてく願い事というフレーズを聞いてほんとその通りだなあってw

自分はどんだけ願い溜め込んでるや

ら・・・


なんとなくで生きてきて、人から

何か本気で頑張ったって言える

ことある?(マジ


って聞かれて微妙に凹んだり。
やっぱり、なあなあでは生きてけねえなあって思う今日この頃。
働いて楽しいとか言ってる社会人を見てるとほんとスゲエなあ。
ほんとに何も考えてなくて生きてそうな奴等もいっぱいいて、
そういう奴等の方が得てしてうまくいってたりでw
なんかなあ・・・。
刹那的に生きたくないとは思いつつもそうして生活している自分が
なさけねえ・・・( -.-) =зフウー。
20050110183032.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。