気ままに思ったことを書いてみる。 凹み系の文章w
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
生分解性プラスチックと塩ビの関係
生分解性プラスチックなるものがある。
聞いたことはあると思うが、今までのプラスチックとは異なり、
土に埋めるとバクテリアにより分解・吸収されるというものだ。
主成分はポリ乳酸という物質で、原料はトウモロコシである。
トウモロコシというバイオマス
つまり生物的な原料で生まれるこのプラスチックは
石油を原料とされる今までのプラスチックとは異なり、
環境にだいぶ優しいと言える。
生ゴミ回収用の袋や農業用土木資材など用途は広い。
石油資源のない日本にとっても手を広げやすい分野である。
(・・*)。。oO(まあ、農産物も輸入に頼ってるけどね。)
価格もだいぶ低くなってきており、耐久性、硬度も改善されつつあり、
未来のある素材と言える。

逆に、塩ビことポリ塩化ビニルである。
土に埋めても長い間分解されず、
燃やしてもダイオキシンの発生の原因となるもので、
作って使ったら便利だが、後始末に困るものである。

では、この生分解性プラスチックによって
塩ビの消費量を減らすことができるかというと
一概にそういうことはできない。
これには、深いつながりがある。
まず、二つ前置きがいる。

前置きその1
塩素が人体に有害であるというのは知っているだろうか?
家庭用洗剤なんかで、塩素系洗剤と酸性洗剤を混ぜると危険だと
いうがそれが塩素ガスである。
大気中に放出しておくとあんまりいいことはなさそうですよね。

前置きその2
工業的に有用であるナトリウムという金属がある。
これは大体海水中の塩化ナトリウム
(用は食塩と思ってください)を電気分解し精製している。
この過程でどうしても大量の塩素が
発生してしまうことを覚えておいて欲しい。


本題である。
ナトリウムを工業的にどうしてもつくらなければならないので
同時に大量の塩素を始末しなければならない。
大気中に放出してはまずいとなると何かに使わなければならない。
ここで塩ビがでてくる。
塩素を塩ビの原料として使うことで、塩素を安定に保存できるのである。
ナトリウムを作る以上塩ビも作るしかなかったのであったw
ちなみにオランダの全塩素生産量のおおよそ50%が、
塩ビ(PVC) に使用されている。

世の中どんな関係があるか分かんないなあと思わされた一件でした。
人間と同じく用途に応じて材料を使い分けていくのが大切だと思った。
環境対策だからとか言って塩ビを利用しないというわけにもいかない。
もっと深く考えないといけないなあ。

人生もこれに似ている。
どこでつながりがあるか分かったものではない。
↑ぇ(w
20050110183032.png
スポンサーサイト
燃料電池 たまには化学系らしく。
燃料電池という言葉は皆さんご存知であろう。
その仕組みもみんな知っていると思う。
水素と酸素で化学反応し、エネルギーを取り出しあとに残るは水だだけであるという
なんともクリーンなものである。

ここで問題なのは仕組みとしてはかなり単純なはずの燃料電池が
世の中に出回らないかということである。
このようなものが発表されてからかなりの時が経つし、
実用化されたという話も聞いたことがある。
ではなぜ?

答えは価格にある。
電池である以上電極が必要である。しかも、燃料電池は細かい
セルの組み合わせで出来ている以上、かなりの量の電極が必要である。
この電極は実は白金(プラチナ)もしくは金で出来ている。
電極に使用される貴金属だけでも3000万くらいはいくらしい。
電極だけでこの値段であるから、もちろん一般家庭には
手を出すような代物でないことがよくわかるであろう。

ではどうして電極にこうした金属を利用しなければいけないのか。
これは金の性質に大きくかかわっている。
金は原子一個で構成された膜を作れるほど薄く出来る。
また、他の金属と比べて電気伝導度がよい。
なので、電極には適しているのである。

こうした金属に変わる安い材料が開発されるまで
燃料電池車などはおあずけなのである。
20050110183032.png
中国の対日感情など
みんな覚えているだろう。
サッカーアジアカップでの中国の罵声を。
あれはひどいものだった。
正直勝ってざまあみろって感じだった。

この対日感情というものは表向き
戦争の頃の虐殺や占領統治のなごりであるように思われているが
これは中国の政策の一環として行われていることは間違いない。
日本を共通の敵として見なし、教育していくことで
中国国内の結束が高まるためである。
何か共通の敵がいるとまとまるものである。
またこれが大きな問題であると日本に認識させ
外交上の主導権を握ろうという思惑もあるに違いない。

小泉の靖国神社参拝問題などと騒がれているが、
あれは単にいちゃもんをつけているだけなのである。
ここで参拝を認めると国の政策として矛盾が起こる。
この矛盾を消し去るために突っ込みを入れているのである。
戦争で日本のために尽くして亡くなった兵士を弔って何が悪いというのであろう。
例えその人が中国で虐殺を行っていたとしてもである。

今の状況の尺度から言えば、虐殺などとんでもないし、
過去の過ちとして認識していく必要がある。


また今大きく問題になっているメタンハイドレート、石油の問題もある。
私は大学で↑に直接かかわる勉強をしている。
石油があと60年で枯れるなんて話も聞くが
どんどん新しい油田が見つかりこの年数に変更はなく時が進んでいる。
しかし、持ってもあと100年ほどであると思っている。
現在の工業は石油によって支えられている。
しかし、枯渇がちらつき始めた石油の重要性は次第に薄れていくに違いない。
つまり、新しいエネルギー資源が必要なのだが、
注目を浴びているのがメタンハイドレートだったわけだ。
エネルギー資源に乏しい日本周辺にも、
日本が消費している天然ガスの約100年分の量が存在すると推測されている。
この中国と日本のはざまの海底にあるメタンハイドレートを
中国はパイプを使って本土から吸い上げているのである。

こっから採掘吸い上げ全部中国へ
       ↑
       ∥|
       ∥|   
       ■|■■■■■■■■資源■■■■■■■■■■
       ■|■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
中国領土← | →日本領土

日本は対策が遅れたせいか二年後から採掘可能になる。
この間にほぼ吸い尽くされることは予想の範囲内である。


こんなことは断じて許さんとは思いつつも、
手を先に出した方が有利なのは確かで・・。
OTL

日中関係をよくしようなんて話は聞くが、
向こうが拒否する以上私達はどうすればいいのであろう?
20050110183032.png
一言
友人Sが
「俺は○○←(地元)には収まらんからな。」
といっていたので私が

「じゃ世界に羽ばたけよ。」

といったので
Sはこう一言





「俺には世界は広すぎる!」
どういう器なのだろう?w
20050110183032.png
46
私は、図書館であるチラシを読んでいた。
それは不動産のチラシ。

友達が引越しするらしいので
自分にも関心があったのだろう・・・。
”まあ、暇つぶしにでも見てるかな。”
と思い見ていた。

第○ハイム○○

家賃59000円 敷金0 礼金1 
DK 和室6帖 BT別 e.t.c.

”ふーん、けっこういいんじゃ・・・。”

ハイツK
家賃59500円 敷金1 礼金1
k4 洋室7帖 BT別 e.t.c

”ま、どれも似たようなもんだろ。”

コーポ○○
家賃64000円 敷金1 礼金1
K 洋室46帖  ・・・




(゚Д゚)ハァ?・・・・
(理解中)







46帖!
しかもフローリング・・。
体育館でも貸してるんですか?
しかも205号室・・。
体育館があと四つですか?
2階に?



しかもUB・・。
そんなにお風呂とおトイレは仲良しさんですか?

ちなみに確認はしてないのであしからず。
20050110183032.png
大関復帰おめでと~♪
決まりました・・。
栃東大関復帰おめでとう。
よかった、ほんとよかった。
右からのおっつけで体を起こしてから、左に回り込んでの寄り切り・・。
栃東の相撲だった。

この場所、「自分の相撲やるだけ。」と何回も言っていた。
インタビューでは、「二回地獄を見ましたから。」と言っていた。
怪我で苦労しているのを知っているからこそ、うれしかった。

会場から手拍子が起こっていたが、
私もプレッシャーを与えたくはないと思いつつも
心ではそんな気持ちだった。
決まったとき若干目が潤んだ。

これから先、きっちり怪我を治して頑張って欲しい。
朝青竜を筆頭に若い外人力士が力を上位で発揮している。
この日の朝青竜も攻めが早く強いなあという印象だった。
その中で私には栃東が対抗できる数少ない力士の一人だと思う。
この意味でも頑張ってほしい。

最後にもう一度、

栃東、大関復帰ほんとにおめでとう~

~♪
20050110183032.png
男女の差別と差異
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050119-00000315-yom-int

科学苦手は女性の生まれつき?…ハーバード大学長発言

 【ニューヨーク=大塚隆一】米ハーバード大のローレンス・サマーズ学長が科学や数学の分野で活躍する女性が少ないのは生まれつきの問題かもしれないと述べ、波紋を広げている。

学長は考えられる理由として、
〈1〉週80時間も働く仕事で子供を持つ女性には負担が大きい
〈2〉高校の数学で男子には飛び抜けた成績の生徒がいるが、
生物学的違いのためかもしれない――などと述べた。

この発言を性差別と受け止めた女性の参加者の一部が反発、途中で席を立った。その1人の生物学の教授は「かつても女性は車を運転できないとまで言われた」と憤った。

男女差別というのは誤解されやすい問題だと思う。
上の生物学者の女性が言っているようなことは完全に差別に関する問題である。

上で言ってるような差があるのかは納得できないところだが、
男女間の差異というのは確実に存在する。
個人的に向き不向きがあるようにである。
完全にひとくくりにはできないが。

話の聞けない男、地図の読めない女という本があったが
なんか男としてグサッとくる文章なんかもあって
こうした考え方の違いがあるもんだと思った。
↑もちろん世の中に例外はつきものである。


そうした差異は男女間で偏見なく認め合うことが大切であると思う。
これはお互いにである。
そうしたことが差別を無くすことに繋がっていくと思う。
差異を過大に表現した姿が、差別主義者や逆に平等を訴える人にも見受けられる。
こうしたものをありのまま受け入れてお互いの足りないものを
補っていけるようになるといいと思う。
20050110183032.png
人ごみのある風景
私はひとごみがあまり好きではない。
(・・*)。。oO(好きな人の方がめずらしいがw
東京に来るまでの生活は、本当に人の少ない田舎だったので
そうしたものに触れる機会はなかった。
うちの町内なんかは大体が顔見知りで会えば挨拶を交わすような
生活だった。

大学で東京に来て3年になるが、そうした感覚が
薄れつつある。
人を人として見ずに風景の一部として捉えるように
なったからであると自己分析している。
苦手でも、そうしたものに触れざるを得なくなったときに起こった
改革の一端だったのだろう。
人のある風景として捉えることで苦手感を克服した。
だから、街中で芸能人を見かけたなんて話を聞いても
リアリティがなくなって、「どうして気が付くのだろう」と思う。

そうならざるを得なかったとしても
人を人として見ないという発想は怖いものである。
新宿なんかを歩いてる人はそれぞれ目的を持って歩いているはずが
機械的に見えてしまう。

なんかなあって思った。


今日も実験だった。
遅くまでやってたせいで
相撲見れなかった・・。しかも栃東負けてるし・・。
OTL
朝青竜戦も残してることだし・・。
ガンバ。
20050110183032.png
自閉症とその家族
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/uchinoko/etc/20040703.html
このような記事を読んだ。
内容は自閉症の子供を持った家庭での話しだった。
悲しい話だった。
単純に家族を責めることは難しい話だ。
もし自分がそういう子供を持ったら・・・。
どうなっているのか、検討もつかない。
普通に考えて、自分の子を無理心中させるなんて
とんでもない話なのだが・・。

先天的な異常は避けることができない。
このような運命を背負って生まれてくるなんてどんな因果なのか。
遺伝子治療という道があるが、倫理的な面から討論が絶えない。
イギリスでは、そういったことが国家政策として組み込まれようとしている。
生まれる前に、遺伝子の調査をし異常を治療するというものだ。
これは任意で行われることなのだが、問題だらけである。
治療を受けたもの、受けなかったものとの差別、
「パーフェクトベビー」誕生とそれに伴う差別、
人為的にどうなのかといった問題。

私は基本的にこのような遺伝子治療の道には反対である。
自然にあるものをいじることは歴史の中でも
よい方向に進んだ例は少ない。
それは当然で自然の流れに反するものはどこかに無理がかかるからだ。

このような話を読むとそうした自分の意思が揺らいでくる。
「認めるべきではないのか?」と。
一例を認めてしまえば、その他の病気、症状に関しても認めざるを得ないというのが事実である。
ひいては自分の中での間違った方向にも進む可能性を否定できない。
どうしたらよいのか答えはきっとでないのであろう。

目の前のことに手を伸ばすべきなのか、それとも・・。
答えが出ない分、私はこうしたことを考え続けていきたい。
20050110183032.png
影絵
20050117205505.jpg

すげえなあ・・。
ただのゴミの山でもこういったことできるんだな。
発想と物の見方って大事だと感じる。
やった人はロマンチストですね。

これは作為的なものなんだが、
こうした風景が日常にもあって
それに気が付かないんだろうなと
ふと思った。



今日は実験だった。
おかげで髪が有機溶剤系の匂いがしてなんとなくヤダ。
しかもちょっとシンナー吸ったような気分w
↑もちろん吸ったことはないですよw

合成の研究室に入ることになっているが、
これが毎日になるとどうなんのかな・・。
やっぱなれていくのかな。
20050110183032.png
相撲 栃東ガンバレ
私は相撲を見るのが好きだ。
最近は相撲を見る人は少なくなったように思う。
私も本当に相撲を理解して見るようになったのはごく最近で
それまではじいちゃんが見ていたから見ているようなものだった。

相撲はおもしろいものだと思う。
相撲取りはただのデブではなく筋肉の塊で、
さらに股を180度開脚できるぐらいの柔らかさを持っていることは
あまり知られていない気がする。
相撲取りの立会いの衝撃力は1㌧にも達することもである。

単純に土俵から押し出すもしくは土俵に落とすことで決着がつくわけだが
そこまでの駆け引きがおもしろいものである。
単純に力が強いから勝てるというわけでないことは
柔道なんかにもつながると思っている。

相撲を見てるとやっぱりひいきの力士なんかが生まれるわけで
その勝ち負けに一喜一憂するものだ。
人の生き方そのものがその取り口に現れている人が好きだ。


私のひいきは栃東だ。
彼の相撲はサイコーにかっこいいし、男としても理想的である。
↑私の勝手な意見w
怪我による休場の影響で大関降格の危機にあっていて
今日2敗目をしてしまった。5敗すると降格になってしまう・・。
是非頑張って欲しい。
20050110183032.png
涙のわけ
私には親友と呼べる奴等がいる。
私は田舎育ちで、幼小中とほぼ40~50人のメンバー固定で進んできた。
そんな中でのここ10年以上の付き合いであるから
笑いのツボ、痛みを感じる所まで同じで
一緒にいると非常に楽しい。

大体実家に戻るとそいつ等と一緒に居て家にいる時間の方が短く感じる。
そんな仲間達である。

そんな中、昨年のクリスマスに手術して入院したため
会えなかった奴が一人居た。みんなでお見舞いに行くと言ったのに
なぜか断られてしまい、腑に落ちない感じだった。
年末に退院したというメールが来たため
「じゃ、みんな居るし、出て来いや♪」
と言っても頑なに断ってきた。

結局そのままアイツに会うことなく東京行きの電車に乗ることになった。
なんか私は電車の中で無性に泣きたくなってきた。
目を閉じるとみんなの顔が浮かぶ中
そいつの顔だけがないのがさみしかったからだ。
私にとって親友とはあの集団であり、
そこに一人でも欠けていると物足りなくなることに初めて気が付いた。

こうした自分の気持ちを素直にメールでぶつけてみた。
このメールを書きながら私は泣いた。
東京に戻ることで泣いたなんて初めてだ。
将来で不安なことがあったり、
普通にさみしかったりしたのだろうがわけもわからず新幹線の中で泣いた。

あいつの返事では、
その手術は家族すら知りえぬ悩みがあり、
悩みぬいた末の手術であること
それを知らない仲間にそうした手術の跡についてあれこれ言われるのが
仲間だからこそ嫌だということ
そして泣いている私へのはげまし・・。

そんなんみたらもっと泣くに決まってんのに。

私は、もっと強くなりたいって思うことができた。
そんなこと気にさせないようなやさしさが欲しいと思えた。

このことを忘れないように此処に記して置く。
20050110183032.png
equal
20050112203132.jpg


「equal」ACIDMAN

01. 0=ALL
02. FREAK OUT
03. 降る秋
04. イコール
05. 水写
06. 彩 -SAI- (前編)
07. 彩 -SAI- (後編)
08. 暁を残して
09. colors of the wind
10. migration 10~64
11. cps
12. 廻る、巡る、その核へ

CDでよくあることだが
「このCDはずれだな。」
と思ってしばらくしてから聞いてみると
「なんで聞かなかったんだ?いいじゃん。」
って思うことが私は多々ある。
このアルバムもそんな中の一枚だった。
最初聞いたときは、はずれたと思ってガッカリした。
今では学校に行くときなんかはこれを聞いている。
やっぱ、音楽って聴くときの自分の精神状態なんかで
良し悪しが変わってくるもんですね。

やっぱアーティストはスタジオ録音が似合う人とライブが似合う人がいるように思う。
ACIDMANは間違いなく後者であるように感じる。
ライブは行った事はないのだが、TVで中継なんかを見てると
かなり魅力を感じる。


migration 10~64

いつかの 星で見つけた共鳴音 何千と存在
宇宙を流れ 繁栄を求めて 何回目だろう?

何十億の可能性と 無重量の不可思議を
漂って 思い出す あの海に生まれて

生命の星で 生まれて泳いで ダンスのようだった
何処からきた?

此処で咲くという ただそれだけは 正しい事だろう。

migration  migration  migration
忘れて漂う 細胞の内部へと

何億光年 続くだろう 無情の日を 手に添えて
帰ろうと 呼ぶ声は 穏やかな 海の様

何十億の可能性と 無重量の不可思議を
迷って 泳いで 青く浮かぶ地へ
何億光年 続くだろう


不思議な魅力のある歌です。
アルバム全体から宇宙、生命、集団みたいなテーマを感じます。

此処で咲くというただそれだけは正しい事だろう

自分もこうして漂う渡り鳥の群れの一匹なんだなあって感じさせてくれます。
それでここに宿っている可能性の雄大さも。
宇宙から地球みれたら世界感変わるんだろうな・・。

よかったら試聴してみてくだい。

>http://www.toshiba-emi.co.jp/acidman/equal/index_j.htm
20050110183032.png
モハマド君と橋田さんの意思
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20050115k0000e040068000c.html
左目の角膜移植手術のため来日していた
イラク人少年、モハマド・ハイサム・サレハ君(10)が15日、
成田空港を出発し、帰国の途に着いた。タイやヨルダンを経由し、
家族の待つイラクに帰国する。

橋田さんの亡くなった事件は私にとって記憶に新しい。
それに伴ってムハマド君のことも記憶に新しい。
橋田さんの遺言のようになってしまったが、ムハマド君は術後の経過が良好でよかったと思う。

この話に対するマスコミ、特にTV報道に対しての不快感は未だ消えていない。
ムハマド君を美談の対象として、やたらめったら写し、
おびえが顔に見えていた彼が可哀想だった。
こういった事件の取り扱いには、もっと注意して欲しいものだ。

ムハマド君にとって橋田さんとの出会いは
まさに一期一会だったのであろう。
しかし、否定的性格のせいか、
簡単によかったとしてしまうことが私にはできない。
一人の人が助かったという事実があるが、
その裏には戦争による犠牲者がいるわけである。
その中で一人の人が橋田さんの意思、
もしくは婦人の意思によって助けられたわけだ。
私は、言葉は悪いがいい偽善だったと思う。
単純に美談としては認識してはいけないと感じている。
私達が日本にいて手を差し伸べられることには
個人個人の限界がある。
自分のすべてをかけてイラクのために尽くすというのは理想的だが現実には無理な話である。
そうである以上、これは偽善であると認識するしかないと思う。
これはもちろん手を伸ばした人の認識のことである。
周りの人の認識ではない。

私はよく電車で席を譲ったり、募金したりする。←小さいことだが
だがそれは自己満足であるという認識のもとでそれを行っている。

それを見てしまった以上、やらなければ気分が悪い。
やれば相手もうれしいし、自分も気持ちがよいからやる。
その方が嘘がないからである。


つまらん文章書いたな・・OTL
20050110183032.png
センター試験
今日こそセンター試験ですね。
あの頃の切羽詰った感じを思い出します。
二度と経験はしたくないものです。
人生で本気で頑張る機会のひとつだと思うので
落ち着いて頑張ってくださいね。

↓こんな感じだと焦っちゃいますから!

20050114134408.jpg

ソース:pya!より
20050110183032.png
教室
唐突であるが、私は誰もいない教室が好きである。
誰もいない体育館なんかでゴロリとしているとサイコーだ。
大学でわざわざ8時(授業開始時間の30分前)ぐらいにいってその雰囲気を楽しんだりする。
開始まで音楽聴いて本を読んでいるのがほとんどだ。
で、始めに教室に来る奴におはようと言う。
(・・*)。。oO(授業は寝ますけど)
誰も居ない目的のある広い空間にいるとなんか和んでしまう。


病んでんのかな・・OTL
20050110183032.png
なんとなく
笑ったw
(・・*)。。oO(画像は拾い物ですが)
しかも近所かよ・・。(欝

20050113132346.jpg


ついでにもう一個

20050113132435.jpg


全然関係ないんですが、今日センター試験ですね。
大学休みでヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!酒でも飲むかって感じですが。
当事者のみなさま、がんばって下さい。

20050110183032.png
20050112222135.jpg

凛 / GOING UNDER GROUND

友達を誘って今夜ツギハギの黒い車で
鮮やかな夜明けを知る
おおげさに広げた地図をあっけなくたたんだ後に
8月の側で笑う

くずれそうで しがみついて
その手に未来が宿り
ここに君もいればいいなぁ

かすかな想い出だけ

雨に抱かれて僕等は祈るよ
秘密を分ける そんな気にもなる

その10メートル先を抱きしめたいだけ
その10メートル先を...


またgoingです。この歌はかよわきエナジーに収録されてます。
キーボードのイントロで始まって、
はっとさせられる感じで曲に突入してきます。←ボキャが少ないんでうまくいえないなあ・・。
基本的に歌詞に共感を覚える曲が好きなんですが
まさにぴったりで、この曲聴くと地元の友人達を思い出します。
こんなことみんな考えていたなあって・・。

なんかバンプの「同じドアをくぐれたら」という曲と
テーマが同じで、バンプよりもストレートに表現されていると思います。
バンプが純情な皮肉屋で、goingが純情な泣き虫って感じかも。(ぇ
まあ、どっちとも好きなんですがw

おおげさに広がる未来じゃなくてただ10メートル先を抱きしめたいだけ
本当にそうだなあって。この曲聴くと今日も一日がんばるぞぃって気持ちが湧いてきます。
是非試聴をしてみてください。

http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A015814/VICL-35265.html
20050110183032.png
スマトラ沖地震について
スマトラ沖地震の影響で地球の自転速度がわずかに速まったらしい。
計算の結果、1日の長さが100万分の2・68秒短くなったとの解析結果をNASAが発表した。
地球の中心部に向け大量の物質の移動が起きたのが原因とみられ、NASAの研究者は
「アイススケートの選手が両腕を体に引きつけてスピンをすると回転が速まるのと同じ原理だ」と説明している。
>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050111-00000045-kyodo-soci

地球まで影響を与えるほどの地震だったのかと改めて認識させられた。
私はスマトラ地震の影響についてあまりよく知らない。
知ってることと言えば津波で死者が死者16万人突破したことや
津波に流されて8日間流木の上で漂流し、
その間流れてきた即席めん(ぇ をかじって生き延びた人が
いることだったり・・。

死者が16万人といわれてもなんか現実感がない。
日本にいてぬるま湯の中に居る以上現状の厳しさを知ることは
できないのかも知れない。
それで、「あの地震ひどかったねえ。」
なんていうことは私にはできない。
身近に影響を受けた人がいない限り、
私には地震のことを本当に認識することが出来ないと思うと
なんだか悲しくなる。

20050110183032.png
なんとなく
朝目が覚めて廊下に出てタバコをふかしていた。そこへ二人乗りの自転車が来た。
どうもおばあちゃんとその孫が乗っていたらしい。
家の前はちょっとした坂になっているのだが、私は気に留めたこともなかった。
その坂をどうもおばあちゃんは上れなかったらしく、
チャリを押して上ってまたチャリに乗って去っていった。
私は、そのときのおばあちゃんの笑顔がまぶしく思えた。
20050110183032.png
青空コウモリ
今日は音楽です。
GOING UNDER GROUNDのサンキューという
シングルのカップリングで青空コウモリについて。
なんでカップリングっていうとシングルA面ならみんな聞いてるしね。
カップリングにも手抜きが感じられないアーティストが好きだからだったり。
20050110172817.jpg

>http://www.aquamusic.co.jp/going/index.htm

このバンド、ライブにいったりするほど好きなわけですが、
HPで「センチメンタリズム」という言葉がかなり登場するとおり、
メロディ、歌詞ともに切ない感じでいいですね。
一部歌詞を紹介します。

「季節はずれの天気予想図 旅の始まりたたいていく雨粒
止まない雨に君が泣き出した 口を開けばこぼれ出す弱音

立ち止まるたびに増えてく願い事
それぞれいつかの思い出になると、僕らほんとは気付いてる」


立ち止まるたびに増えてく願い事というフレーズを聞いてほんとその通りだなあってw

自分はどんだけ願い溜め込んでるや

ら・・・


なんとなくで生きてきて、人から

何か本気で頑張ったって言える

ことある?(マジ


って聞かれて微妙に凹んだり。
やっぱり、なあなあでは生きてけねえなあって思う今日この頃。
働いて楽しいとか言ってる社会人を見てるとほんとスゲエなあ。
ほんとに何も考えてなくて生きてそうな奴等もいっぱいいて、
そういう奴等の方が得てしてうまくいってたりでw
なんかなあ・・・。
刹那的に生きたくないとは思いつつもそうして生活している自分が
なさけねえ・・・( -.-) =зフウー。
20050110183032.png
ブログを始めるにいたり
とりあえずブログを始めて見ることにした。書くことは本当に日記みたいになりそうだw

最近気になっていることは、東京から実家に戻った時のことだ。
高校、中学ともに同窓会があってそれなりに楽しい場だった。
やっぱり想像していた通り、就職して働いている奴もいれば、結婚した奴、子供まで居る奴がいて人生様々だと思う。こういう場では色々な立場の人を見ることができ、色々考えさせられる。

私の親友はそれらを見て凹んだ。というのも彼は

夢を追っていきたい人種だかららしい。

現実に生きていくのは厳しいが、男に生まれたからにはでっかいことをやりたいと彼は言う。さらに、こうして世の中で生きている人を見ると。

「自分は甘いのかな・・」とも言っていた。

私も男に生まれたからには、でっかく生きて行きたいと思う。
それと同時に世の中で生きていくのは大変であることも知っている。
自分は臆病で今走ってきたレールを踏み出せないであろう。
そうやって現実が見えてきてヘコんでいる友人を見るとなんだか自分も凹んだ気がした。
20050110183032.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。