気ままに思ったことを書いてみる。 凹み系の文章w
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
男女の差別と差異
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050119-00000315-yom-int

科学苦手は女性の生まれつき?…ハーバード大学長発言

 【ニューヨーク=大塚隆一】米ハーバード大のローレンス・サマーズ学長が科学や数学の分野で活躍する女性が少ないのは生まれつきの問題かもしれないと述べ、波紋を広げている。

学長は考えられる理由として、
〈1〉週80時間も働く仕事で子供を持つ女性には負担が大きい
〈2〉高校の数学で男子には飛び抜けた成績の生徒がいるが、
生物学的違いのためかもしれない――などと述べた。

この発言を性差別と受け止めた女性の参加者の一部が反発、途中で席を立った。その1人の生物学の教授は「かつても女性は車を運転できないとまで言われた」と憤った。

男女差別というのは誤解されやすい問題だと思う。
上の生物学者の女性が言っているようなことは完全に差別に関する問題である。

上で言ってるような差があるのかは納得できないところだが、
男女間の差異というのは確実に存在する。
個人的に向き不向きがあるようにである。
完全にひとくくりにはできないが。

話の聞けない男、地図の読めない女という本があったが
なんか男としてグサッとくる文章なんかもあって
こうした考え方の違いがあるもんだと思った。
↑もちろん世の中に例外はつきものである。


そうした差異は男女間で偏見なく認め合うことが大切であると思う。
これはお互いにである。
そうしたことが差別を無くすことに繋がっていくと思う。
差異を過大に表現した姿が、差別主義者や逆に平等を訴える人にも見受けられる。
こうしたものをありのまま受け入れてお互いの足りないものを
補っていけるようになるといいと思う。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
こんにちは、トラックバックありがとうございます。

>差異を過大に表現した姿が、差別主義者や逆に平等を訴える人にも見受けられる。

これが一番の問題なんじゃないかと思っています。お互いの主張を尊重し理解する事が、前進への第一歩だと思います。
生活しやすい社会になっていって欲しいですね。
2005/01/20(木) 10:24:50 | URL | m-platz #88jqgWs6[ 編集]
差別と差異
私は女性でも、この手の話しを聞くと
いつも、差別という反発を訴える女の人に疑問を抱くほうだ
男性は子供を生めない。。女性には女性の自然にしなければいけない特質があるとおもう。だから、なんでも差別というのも考え物だとおもう
人という字のように、ささえあって
男も女も生きていかなければ行けない
科学のや数学にたけている女性もいる
でも、男の人には、子供を生めない
その上にたった考えで物事を考えてほしいと思う
まあ~あや☆も科学と数学は苦手だけど

いつもコメントありがとう
つまらないブログですが
また遊びに来てください
2005/01/22(土) 01:46:51 | URL | あや☆ #zDfCyLj.[ 編集]
自分はどっちかと言うと古い考えの持ち主だと思う。
女性には子供を育てて欲しいと思っている。

お二人ともコメントありがとうございます。
意見を頂けると参考になりますし、
自分の考えが甘いもんだと再認識することができます。
2005/01/22(土) 11:49:16 | URL | mauloa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ジェンダーフリーってバタくさい言葉、子供の頃には聞いたこと無かったのですが、今は出席の取り方や朝礼の時の並び方も男女混合が一般的だという話を先日学生から聞いてびっくりしました。性教育も、私が子供の頃は女子生徒だけ別の教室に連れて行かれて、映画か何かを見せ
2005/01/23(日) 01:46:45 | 言語学研究室日誌
ハーバード大学のサマーズ学長が女性蔑視につながる発言をしたことで、不信任動議が採択されているようだが、今朝の Wall Street Journal では、女の子のほうが男の子よりも数学の成績がいいというイギリスのデータが紹介されていた。その記事に掲載されていたグラフによると
2005/03/31(木) 16:14:10 | Entrepreneurshipを探る旅
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。