気ままに思ったことを書いてみる。 凹み系の文章w
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
気になるニュース
『少年版「アンネの日記」プラハで発見、刊行』
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050211i5z7.htm
アンネ・フランクの日記を読んだのは小学生だったか、中学生だったか・・。
記憶はさだかでないが、印象的な本であったのは覚えている。
実際にあった迫害の当事者の書いたものであるから、
書いてあることは重いに違いない。
是非読んでみたいものだ。

『キックの力学、ホームページで説明 山形大』
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050212k0000e040011000c.html
おもしろかった。
カーブの実際に蹴った瞬間の力のかかり方なんかが動画で見れて
こんな感じで蹴ればいいのかってちょっとわかるかも・・。
とりあえず言えることは本当にサッカー選手は足が器用ですねw

『「火事場のばか力」ってあるの?』
http://www.mainichi-msn.co.jp/kagaku/science/news/20050212ddm016070056000c.html
アドレナリンなんかで、脳のリミッターを解除して起こる力ってことは知ってました。
イメージトレーニングなんかでも効果あるんですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アンネの日記の少年版があるんですか!!是非、読んでみたいです。
僕も、アンネの日記は中学校の時に読んで、とても考えさせられましたし、こないだ、寝込んでいたときにも偶然読んで、また違った見方で考えさせられました。大事な一冊です。
2005/02/18(金) 00:58:42 | URL | blue bathroom #-[ 編集]
いつも訪問ありがとうございます♪

実際の話というのは、心に響くものがあります。発売されたら是非読んで見ようと思ってます。
2005/02/21(月) 13:07:51 | URL | mauloa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  戦争の罪は誰にあるのか?    アンネ・フランク。 ドイツ、フランクフルトで、裕福なドイツ系ユダヤ人家庭の二女として生まれた。  アンネは誕生日に友人から日記をもらう。何気なくつけ始めた日.
2005/02/21(月) 01:48:12 | logW of BLUE BATHROOM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。